COLLECTION

NEWS

日本ジュエリー展、入選しました。(^^)
連続催事の準備と製作が同時進行で、手がぼろぼろになって😓、手を見たお客様にびっくり😵笑いされてしまいましたが、なんとか入選できて良かったです。😊今回はネックレスです。

私がジュエリーの世界に入るきっかけを作ってくださった恩師の松本 のりこ先生が、大賞を受賞されたことは、何より嬉しい!!😆です。

6月16日〜21日 東京都美術館 で開催されます。
お近くにお寄りの際はご覧くださいませ。😀

希ららのコレクションをご紹介します。
各シリーズごとにネックレスやピアスなど、様々なアイテムを展開しています。

加賀象嵌「iroiro」の一覧はこちら

金属加工の工具のひとつ「鏨たがね」を用いて、加賀藩御細工所時代から続く象嵌の技法を使い、色金(合金)特有の色彩を施します。
自然の中の植物や、生き物、風景など、「iroiro」 な象嵌作品たちが、色々なシーンで、存在感を表わし、身につける方を輝かせます。

加賀象嵌手まり「temari」の一覧はこちら

金沢の伝統工芸のひとつ「加賀手まり」は、江戸時代、加賀藩前田家に輿入れした珠姫が持参した手まりがルーツだと言われています。今も魔除けとして持たせる風習が残っています。
金属に加賀象嵌した手まりは身につけやすく、現代に合う新しくて愛らしいジュエリーです。様々な模様が楽しめます。石川ブランド認定商品になりました。

金箔 「kirameki」の一覧はこちら

多方向から細かい切れ目を入れ、その面に金沢金箔を入れる細やかで繊細な技法で表現しています。華やかで、洋服、着物どちらにも合います。

七宝 「yume」の一覧はこちら

エマイユ(七宝)は高度な技術と、色彩を生み出すための釉薬の焼成と研磨を繰り返す非常に手間のかかる作業から作り出されます。色彩豊かなジュエリーです。

茶道具 (菓子切り楊枝) 「hitotoki」の一覧はこちら

小さな楊枝の小さい所に細かい線や、丸、異なる金属が美しい模様を奏でます。無限の銀河の世界へ…。用と美を兼ね備え、どこにでも持ち歩き、和菓子を頂くだけでなく、ひと時を楽しんでいただけます。

4 / 41234